会社概要

BMRでは、治療薬の分野で培ってきました高度な抗体作製能力を活かして、インフルエンザに代表される呼吸器系感染症に対する抗体を開発してまいりました。

この高感度である抗体を迅速診断キット用の原料として、キットメーカー各社に供給しておりますが、市場占有率は50%を超えています。

呼吸器系感染症の迅速診断キットの市場は、北半球の先進諸国に集中しておりますが、主には蚊を媒介とするマラリアに代表される熱帯感染症にこそ本当の脅威があり、マラリアの検査回数は、インフルエンザのそれの8倍強にのぼっています。

当社では、開発を進めているマラリア、デング熱などの抗体をラインアップに加えることで、診断のための原料供給という細やかな領域ではありますが、広く社会に貢献してまいります。

名称
株式会社バイオマトリックス研究所
設立
2002年3月28日
資本金
95,500千円 (2016年12月31日現在)
代表者
代表取締役 松永 俊介
事業内容
迅速診断キット用モノクローナル抗体の開発・販売

沿革

2002年3月
千葉県野田市にて会社設立
「転写因子抗体の開発」並びに「遺伝子情報受託解析(マイクロアレイ・シークエンス)」を開始
2003年8月
本部機能と営業拠点を千葉県柏市に移転
千葉県柏市の東葛テクノプラザにラボを開設
2004年1月
営業所を大阪市西区に開設
2004年11月
千葉県柏市の東大柏ベンチャープラザにラボを開設
2006年3月
千葉県流山市に本社移転
2007年12月
インフルエンザ迅速診断キット用の原料抗体開発に着手
2009年6月
抗体医薬の開発に着手
2010年8月
インフルエンザ迅速診断キット用の原料抗体の販売を開始
2012年3月
経営体制を刷新。経営資源を抗体の開発・製造・販売に集約
2015年4月
事業拠点を流山本社に集約
2016年3月
熱帯感染症の原料抗体開発に着手